embroidery

立体的な絵画を描くようにスワトウ刺繍の技術でThink Bee!を表現

Think Bee!と汕頭(スワトウ)との出会いは素材を求めて世界有数の刺繍産地であり、最高級と称されるスワトウレースを買い付けに行ったことがきっかけです。繊細かつ高度な刺繍テクニックにも魅了され、コラボレーションが始まりました。パリで起こしたデザインを基に生地を織り、その生地に合わせた最善の加工(刺繍)をチョイス。刺繍技術は多岐にわたる為、スワトウ工場のスタッフが技術の選定に加わります。デザイン・色彩修正の繰り返し、時にはビーズやスパンコールで彩って…と、刺繍技術を最大限に注ぎ込むことで、Think Bee!の世界観を表現してくのです。

Think Bee!の刺繍作品は、多種多様な技法の中から生地やデザインに合わせてベストな方法を選んだり、組み合わせたりしています。手の込んだ世界観を知れば、お手持ちのバッグがもっと魅力的に映るはず。

【手刺繍】
一針一針がオールハンドワーク。完成まではかなりの時間を要します。職人が丹誠込めて仕上げた刺繍はクオリティーの高さだけでなく、温もりのある味わいが魅力です。
【ミシン刺繍】
Think Bee!では主に「さがら刺繍」の事を指します。パイル状に糸を刺すことで、ふわふわとした感触の高級な立体感を表現しています。
【コンピューターミシン刺繍】
針の刺し位置や上下運動、糸調子や縫い目の調整など全てデータ化してコンピュータ制御で行います。プログラミング次第でかなり印象が変わるため、最も重要なプロセスとして時間をかけて行います。
【ビーズ刺繍】
スパンコール、ガラスやスワロフスキー・クリスタルのビーズなど、1つづつ手で取りつける作業は熟練した繊細な技術が必要です。
立体的な絵画を描くように汕頭刺繍の技術でThink Bee!を表現
トップへ戻る
シンクビー!公式オンラインショップ
ビー!クリスマス2018
トップへ戻る
最新情報発信中!