texnova

ここにしかない織機から生まれる絵画のようなゴブラン織

イタリア、ロンバルディア州レズモのテキスタイルメーカー「テキスノヴァ」社。 見上げるほど高く、天井まで張られた無数の経(たて)糸と、その間をくぐる緯(よこ)糸。 まるで絵画のような深みをもち欧州各国でも高級品とされるテキスノヴァ社のゴブラン織を、日本に初めて紹介したのがThink Bee!でした。

テキスノヴァ社との出会いは、まだThink Bee! ブランドが創設される前のこと。 オリジナルな生地を求めて世界各国を探し歩いた中でも、テキスノヴァ社の技術と表現力は圧倒的でした。苦労の末にイタリアから船便で生地を取り寄せることに成功し、作品にしたところ、瞬く間にヒット。それが、今日まで続くパートナーシップの始まりでした。日本とイタリアの感性が刺激し合いながら進化を続けるものづくり。それはThink Bee! だけの世界です。

Think Bee! では、テキスノヴァ社のゴブラン織生地から4 種類をアイテムに応じて使用していますが、いずれも一見しただけで同社のものだと判ります。他社製品と見紛うことのない、独特の織物を生み出せるのは、培われてきた高い技術力があるからこそ。 色の濃淡や立体的な図柄、微妙な風合いは、“まるで浮き出た絵画のよう” と言われるほど高い評価を受けています。

なかでも、幅広織機「タペストリー4」で織られた生地はとくに緻密で繊細です。ゴブラン織は経糸と緯糸との複雑な重なり具合によって色や図柄を表現していますが、世界でたった3 台、ここにしかない織機「タペストリー4」は、わずか1インチ四方に450本以上もの糸を使って織り上げるため、より豊かな表現が可能になっているのです。

ここにしかない織機から生まれる絵画のようなゴブラン織
トップへ戻る
シンクビー!公式オンラインショップ
ビー!クリスマス2018
トップへ戻る
最新情報発信中!