社員番紹介02

企画室

佐々木有紀2014年7月入社

企画室の仕事

Think Bee!公式オンラインショップをはじめ、楽天市場店、yahoo!ショッピング店など通販サイトの運営が主な業務。作品の撮影や登録、ページデザイン、注文後の出荷手配、在庫管理、お客様からの問い合わせ対応、ウェブ広告のプランニング、バナー広告のデザイン制作、ウェブサイトのアクセス解析など、業務は多岐にわたります。直営店や百貨店のインショップと並ぶ最前線的な部所であり、会社としても力を入れています。

企画室でのあなたの業務は?
日々新たな作品の企画をしています。それに伴う案件書作成、サンプル作成準備などの作業も行います。最近では「これで新作考えてみて!」と、チーフデザイナーから素材(革や生地)を渡され、新たな企画を任されることも。海外の展示会へ同行したり、デニムや革の加工工場やバッグの製造工場を訪問するなど行動範囲は広いですね。新作展示会では、営業のスタッフに同行して商談にも参加するなど「私の仕事はこれ」という決まりを作らず、なんでもやってみるスタンスで日々の業務に取り組んでいます。
どんな雰囲気の職場でしょうか?
チーフデザイナーはとても活動的で音楽が好きな方なので、企画室にはいつも音楽が流れて、明るくエキサイティングな雰囲気です。営業部や貿易部の人たちの出入りも頻繁で、思い切り真剣な打ち合せをすることもしょっちゅうですが、チーフデザイナーの楽しい話を聞きながら和やかな雰囲気でデザインするときとのメリハリがしっかりしています。

入社までの勉学や仕事のキャリアはどのように活かせていますか?
高校卒業後、デザインの専門学校で建築デザインを学びました。その後、設計事務所で働いたことやバッグ販売の経験をしたことが役に立っていると感じています。建築とバッグ作りはかけ離れた仕事のように思われるかも知れませんが、平面のデザインを頭の中で立体にして業務を進めるというところは同じなんです。また、幼いころに絵を習って毎日のように描いていた事や、洋裁していた祖母に自分でデザインしたスカートや手さげを縫ってもらった事など、常に何かを創る環境で育ったことが今の仕事に活きていると感じます。企画でよく使う金槌・カッター・ハサミなどは子供のころの私にとって玩具みたいな存在でしたから。
仕事のやりがいや誇りを、どんな時どんなことに感じますか?
自分が企画に携わった作品の評判が良ければ、もちろん嬉しいです。人気があるということはたくさんのお客様に喜んでいただけたということなので、苦労した分、こだわった分だけやりがいに繋がります。そして、そのバッグを持った人を街で見かけたり、すれ違ったりしたときには誇らしい気持ちになったりもします。

あなたの感じるThink Bee!作品の魅力とは?
とにかく、他にない、真似できないようなこだわりがあること。想いがこもっているところです。お店に並んでいる1 点1 点がイキイキとキラキラしているように感じるのはそうやって作っているからこそだと思います。

企画室 佐々木有紀の1日

07:00
起床
07:50
通勤
08:40
出社・朝の掃除
09:00
朝礼・ミーティング
09:30
  • ・新作の仕様決定
  • ・加工依頼書の作成
  • ・その他 資料作成
  • ・営業スタッフと打ち合わせ
12:00
昼食
13:00
・チーフデザイナーと新作の企画
  • :革を裁断したり、
    ファスナーの色を選んだり
    思い描いた形を作って行きます。
・材料の業者さんと打ち合わせ
  • :新作に使用するボタンや
    金具類などのイメージを伝えて
    オリジナルで作ってもらいます。
・チーフデザイナーと営業との打ち合わせに同席
  • :どんな提案をするか?
    どんなものが求められているのかを
    聞いて企画に反映します。
20:00
退社
21:30
帰宅
02:00
就寝

プライベート

休みの日は街へ出かけて色々なお店に並ぶ商品を見て歩くのが好きです。経験したことのないこと、まだ行ったことのない場所など全てに興味があるので、提案されればたいていどこへでも出かけます。映画を観るのも好きでよく一人で行ったりもしますね。あとは友人とお酒を飲みながら美味しい食事を楽しむのが好きで、素敵なお店を開拓していくのが趣味の一つでもあります。実家へも ときどき帰省して家族との時間も大切にしています。自由奔放な私を温かく見守ってきてくれた家族は、私が日々楽しそうに充実した仕事していることをとても喜んでくれています。

Think Bee!的人材―こんな人と働きたい!

好奇心旺盛でタフ、そして繊細。相反する要素に思えますが、これは不可欠だと思います。あとは進化成長を求めて、情熱的になんでも取り組めるかどうか。とにかくモノ作りが好き、お洒落が好き、健康的でアクティブ! 企画室はとにかくアグレッシブな現場なのでそれを面白いと感じることが出来る人と一緒に仕事をしたいです。

募集要項をみる